職場体験レポート! 奈良市立伏見中学校 奥 晴輝さん

0

     

    僕が職場体験でラジオ局にしたのかというと、

    視聴者には音声しか聞こえないラジオの「裏側」に興味があったからです。

     

    (一日目)

      インターホン越しで挨拶するとき、

    「伏見中学校から職場体験を ささせていただく 奥晴輝です。」

    と、最初から噛んでしまいこの先が思いやられるなと思いましたが、

    皆さん優しく接してくださり、だんだん緊張もほぐれてきて自信もついてきました。

      体験させていただいたことは、発泡スチロールで立て看板を作ったり、

    領収書に「ならどっとFM」のハンコをおしたり、二日目に取材をさせていただく

    「革遊び HARUHINO」さんに事前の挨拶に行きました。 「HARUHINO」の

    オーナーさんの「辻之所(つじのしょ)さん」はとても優しく、「頑張ってね。」

    と言われた時は、なんだかホッとした感覚になったのを覚えています。

     一日目の仕事は、どれも責任のある仕事でしたが初めての体験でとても楽しかったです。

     

    (二日目)

      やっとインターホン越しの挨拶がきちんとできるようになりました。

      午前中は午後の取材に行ったときにする質問を考えました。五つほど考えましたが、足りるかどうか少し心配でした。

      「革遊び HARUHINO」の店内は、本革のいい香りが漂い台には

    正倉院文様とコラボした革財布が十種類くらい並んでいました。 その財布について聞いてみると、想像以上に「辻之所さん」のこだわりがあり驚きと共に、

    財布の美しさに感動しました。

     

    (三日目)

      朝起きた瞬間、とんでもない緊張に襲われました。 「今日生放送するんだ」

    と思えば思うほど緊張して家でも電車の中でも歩いてるときもずっとヒヤヒヤしていました。 

      生放送スタート五分前にスタジオに行くと、母と母の友だち、担当の先生が

    ガラス越しにこちらを見ているのを見たとき、僕の緊張は限界に達し何故かわからないけど笑ってしまいました。

      放送中は、なんとか台本通りに言えましたが、その後アドリブの質問が始まりました。少しタジタジになったとは思いますか受け答えすることができ、最後に曲紹介をして音楽が流れ始めたとき、僕の中で安堵が爆発したそんな感覚でした。

     

    (感想)

      この先が思いやられると思ってから三日間、短い間でしたがたくさんの事を

    学ぶことが出来ました。 最近僕たちはテレビばかりでラジオに触れることが少なくなってしまいましたが、今回体験をして「ラジオってこんなに面白いんだ」と驚いてしまいました。また、ラジオ放送の裏側ではいろいろな苦労や工夫があることを

    身をもって体験することができてとても楽しかったです。

    これからは友達にラジオの面白さを伝え、もっともっとラジオが好きな人が増えてくれたらいいなと思います。

     この度はお忙しい中、親切に優しく教えてくださりありがとうございました。

     

     


    職場体験レポート! 奈良市立平城西中学校 小薗匡輝さん

    0

      行く前の感想は、放送委員に入っていて何の職業入ろうか考えていた時丁度ここがあったのでこの職業にしました。

       

      一日目

      入るのがとても緊張していましたがここの職員が「職場体験の人たちですか?」と言ってもらい入りました。そして入った後、1030分までシュレッターで紙を捨てて、1030分から掃除をして掃除が終わったら頂いたお便りの男女別に整理したりどこで何時に聴いてるかをグラフにまとめたりしました。

       

      二日目

      明日の生放送のため取材に行きました。奈良県庁前のバスターミナルの館内の屋上に行っていた天平台菊展行きました。そこは、雨が降っていたけれどお客さんがきていました。取材が終わった後、生放送の打ち合わせをしました。

      Q&A方式に書いて本番のように話しました

       

      三日目

      とうとう生放送の日がやって来ました。最終チェックをして11時35分に中に入って45分に始まりました。とっても緊張して噛んだりしてましたが、上手くいけてよかったです。

      三日間やった感想はとても優しく詳しく教えてくれてとてもやりがいのある職業でした。

      三日間有難うございました

       


      職場体験レポート! 生駒市立上中学校 坂本知優さん

      0

        ラジオ局って、やりがいがありそうで面白そうなイメージがあり音楽も好きだし丁度いいから行ってみようと思いました。事前訪問で仕事の打ち合わせをした時も、ワクワクして帰りの商店街の道をスキップして帰りました。

         

        1日目

        初めての職場に圧倒されました。ラジオ局なので、あちこちで原稿を読んでいる人やヘッドホンをつけてパソコンを触っている人たちがいてカッコイイと思いました。職場の職員の方々は優しく、分からないことがあればすぐ助けてくれてとても頼もしかったです。1日目は、掃除をして資料をバインダーに挟む作業をしました。日付ごとにプリントを挟む作業が一番大変で時間がかかりました。

         

        2日目

        3日目の生放送の為に現地取材に行きました。天平大菊人形展開というところで取材をし、帰ってきてレポートを書きました。これが凄く時間がかかってしまい、時間が予定より大幅にこえてしまいました。でも頑張っていいレポートを仕上げることができました。

         

        3日目

        とうとう生放送当日です。昨日頑張って作ったレポートを何回も読み直しました。でも、やっぱり噛んでしまいました。先生たちが大勢みにきていたので、もの凄く緊張してうつむいて喋ってしまいました。しかし、臨機応変に受け答えできて良かったです。放送が終わった時、ホット感というか達成感がありました。DJの人たちは、よく緊張せずに長いことしゃべっていられるなと感心しました。やっぱり凄いですね。

         

        私は、ラジオといえば野球中継くらいしかきかないけど野球中継だけでも言葉だけで分かりやすく面白くするのは普通では無理だなと思い、そこに仕事へのプライドを感じました。

        最近は、ラジオを聞く人は少ないかもしれないけどDJの人たちの思いが詰まっているラジオを久しぶりにきこうと思いました。

        3日間という短い期間でしたが、学校の授業だけでは体験できない貴重な勉強を体験させていただきました。失敗ばかりだったと思いますが、優しく対応してくださったりと本当にお世話になりました。

              

            本当にありがとうございました。

         

         


        職場体験レポート! 奈良県立奈良北高校 米田あゆみさん

        0

           

          私がこのインターンシップを知ったのは、教室に掲示されている1枚のプリントでした。

          様々なインターンシップがあったのですがその中でも、興味があったラジオ局の募集がありました。

          3日間という短い間でしたがとてもたくさんのことを学ぶことができました。17日は「ならまち遊歩」というイベントに参加させていただきました。その中でも「きつねの嫁入り」というイベントに参加させていただきました。狐花婿、狐花嫁の乗った人力車の後ろを練り歩くというイベントです。ただ練り歩くのではなく、「コーンコーン」という掛け声をしながら、自分で絵付けした狐のお面をつけて歩きます。私はこのイベントのことをこのインターンシップを通して初めて知ったのですが、とても面白いイベントでした。もし次の機会があるならば、もう一度参加してみたいです。猿沢インウッドデッキから、御霊神社まで、夕暮れの幻想的な雰囲気のならまちを私たちや、局の皆さん、一般の皆さんそして「なら☆こす」という奈良市でコスプレイベントを行っている皆さんとともに歩きました。

           

           

          奈良の方だけでなく、旅行や帰省で奈良へ来ている方、外国の方もたくさんいらっしゃいました。私は英語で質問され、うまく答えることができませんでした。その場所のことがわからなかったことと、英語がうまく聞き取れなかったことが理由です。自分はならまちに何度か来ていたので周辺のことがわかっていると思っていたのですが、全く知らないところを聞かれました。かろうじて説明し、伝えることができたのですが自分の中では「本当にわかってもらえたのかな」と未だに思っています。

          インウッドデッキではならまち遊歩のオーブニングイベントの式のための音響設備の準備をしました。普段見慣れない設備や機器を扱いましたが、とても細かく説明していただき、迷うことなく進めることができました。

           

           

          ラジオに出演しましたが、自分がいつも聞いている時はスラスラと流れるように話している方が多いと感じましたが、とても難しいことだとわかりました。自分話す方ではなく制作の方に携わりたいのですが、その時の参考にもなると思いました。

          この3日間を通して、いつもは絶対経験できないことを体験させていただきました。

          これからもたくさんラジオを聴いてたくさんのことを学んでいきたいです。

           


          職場体験レポート! 奈良県立高田高等学校 関口透羽さん

          0

            僕は、8月17日、26日、27日の3日間、ならどっとFMで職業体験をさせていただきました。実際の放送現場を見ることができるということで、とても楽しみにしていました。

             

             

            1日目は、大学生の方たちと共に『ならまち遊歩』のイベントに参加させていただきました。ならまち遊歩の機材の準備は少し難しかったですが、大学生の方や職場の方が丁寧に教えてくれたので、準備がスムーズに終わりました。ならまち遊歩の行列では、たくさんの人が参加してくださり、大盛況でした。昼のならまちと夜のならまちでは、また違った顔があり、夜のならまちはとても幻想的な風景でした。

            初日は緊張もありましたが、職場の雰囲気がとても良く、リラックスすることができました。

             

             

            2日目は、書類整理をさせていただきました。FMに届いたアンケート結果の仕分けと集計をしたのですが、数がとても多くて大変でした。しかし、これだけたくさんの人がFMにお便りを送っているのだと考えると、改めて、ならどっとFMが地域にとても根付いているのだと実感しました。また、男女問わずさまざまな年代の人がお便りを送ってくれていて、老若男女に愛されているFMなのだと感じました。

             

             

            3日目は、実際にラジオで生放送をさせていただきました。14分という短い時間でしたが、話しているときはとても緊張して、言葉が詰まってしまいました。しかし、パーソナリティの方が優しく話題を振って下さり、凄く助けられました。

            また、終わったときに職場の方々が『お疲れ様!良かったよ!』と言ってくださり、本当に嬉しかったです。

             

             

            ならどっとFMで過ごした3日間はとても短く感じました。僕は普段、奈良市にほとんど来ないので、このインターンシップをきっかけに奈良のイベントに参加させていただけて良かったです。ならまち遊歩だけでなく、アンケートの整理やラジオの生放送と、ここでしか体験できない貴重な経験をさせていただけて、ここにこられて本当によかったなと思います。本当にありがとうございました。この3日間を過ごしたことを胸にこれからの学校生活や、放送部のクラブ活動に励んでいきたいと思います。

             

             


            職場体験レポート!  奈良市立平城中学校 貝田心優さん

            0

              平城中学校 二年生 貝田心優

               

              私は六月十日から十二日まで、奈良どっとFMで職場体験をさせてもらいました。

              一人で体験すると聞いて最初はとても不安でした。でも憧れの放送関係の仕事をできると思い、少し楽しみでした。

               

              一日目

              とても緊張して朝の挨拶をしました。事務の皆さんが優しく接して下さって少しリラックスできました。この日は主に事務作業をしました。奈良どっとFMに送られてきた手紙を整理したり、報道資料をファイリングしたり、目が疲れました。

               

              二日目

              奈良町資料館へ取材に行きました。奈良町にぎわいの家へも取材へ行こうと思っていたのですが、丁度休館日だったので行けませんでした。奈良町資料館では身代わり申や吉祥天如など、色々な奈良の文化を知ることができました。また、奈良町物語館へも取材へ行き、奈良町の昔の建物について聞きました。そしてその資料を次の日の放送のためにまとめました。たくさんの情報の中から絞ってまとめるのでとても大変でした。

               

              三日目

              職場体験最後の日はラジオ放送をしました。学校の先生も見ている中ですごく緊張しまし

              たが、なんとか最後までやりきりました。私が詰まったときにリードして下さった方は本当に凄いと思いました。その後また報道資料を整理したりしました。

               

              三日間、すごく貴重な体験ができました。ラジオ局の裏側ではたくさんの方が協力して番組を作っているとわかり、とても驚きました。今回体験して、ますます放送関係の仕事に就きたくなりました。

              色々なことを教えて下さった奈良どっとFMの方々、本当にありがとうございました。この職場体験が今後にいかせたらいいなと思います。これからもラジオ放送頑張って下さい。

               


              職場体験レポート!  奈良市立平城東中学校 相川諒太さん

              0

                職場体験学習の振り返り

                平城東中学校 22組相川諒太

                 

                ・僕は、610日から12日までの3日間、ならどっとFMさんに、職場体験でお世話になった。

                体験の事前打ち合わせの日。自己PRシートを片手に今まで来たことがなかったもちいどのセンター街に来た。

                しかし、入口の場所が分からず、建物の周りを何回もウロウロした。数分後、建物のインターホンを発見。押すときは、緊張で手が震えた。けれど、職場の人は、温かく迎えてくれた。体験の注意事項、持ち物を確認し、別れた。もうこの時から、職場体験が待ち遠しかった。

                 

                初日、出勤した僕の初めての仕事は、領収書に会社のハンコを押すことだった。慣れない手つきで、11つ慎重に処理していった。

                その後は掃除をして、次はスタジオの番組入れ替えを手伝った。その後は生放送の見学。忙しかったけれど、人生初めての仕事に、やりがいを感じた。

                 

                 

                2日目。事務仕事からの掃除。スムーズに進めることが出来た。午後からは、翌日の生放送に向けての取材へ。ならまちを歩き回るのは大変だったけれど、楽しかった。取材先の人も、心優しく取材を受けてくれた。

                帰ってからは、生放送に向けての原稿作成。

                Q&A形式での作成を頼まれた。僕にとっては未知の世界だったが、職場の人に手伝ってもらいながら、家に帰っても一生懸命にパソコンを打ち続けた。

                 

                 

                最終日、いよいよ本番の日。本番直前は、緊張と不安で手汗が止まらなかった。

                何回も何回も自分の作った原稿を見返し、スタジオに入った。

                とうとうコーナーが始まった。

                最初話しているときは、頭の中が真っ白になって、自分がなにを話しているのか分からなかったけれど、だんだん慣れて来て、アドリブで話せるようになった。14分という時間は、慣れてしまえばあっという間だった。

                終了後は達成感が凄かった。なんやかんやいって、楽しかった。

                 この3日間を振り返って、僕はたくさん大切なことを学んだ。この貴重な経験を、将来に繋げて行けるよう、これから、頑張って勉強したいと思う。

                 


                職場体験レポート!  奈良県立平城高校 野川桃果さん

                0

                  インターンシップを終えて

                   

                  今回のインターンシップは、私の高校生活において、とても良い経験になりました。初めは、何をするのも緊張していましたが、優しく指導していただいてだんだんと緊張もほぐれていきました。実際に仕事を体験することで、ネットの検索では絶対に分からないことをたくさん知ることができました。

                   

                  ラジオの仕事は話すことが仕事だというイメージしかもっていなかったのですが、それは最終段階であって、そこに至るまでに、下調べや打ち合わせなどといった様々な過程があり、たくさんの人が関わって一つの番組ができていることを知ってとても感心しました。

                  また、仕事をするにあたって、仕事相手との関係はとても大事だと知りました。お互いにお互いのことを事前にしっかりと知っておくことが基本であることを学び、これからの将来に活かしていきたいと思いました。

                   

                  二日目は奈良の有名な観光地に行き、本番に向けての原稿の作成をしました。今まで校外学習などで、なんとなく見ているだけだったお寺なども、目的をもって見に行くことで違う見え方がして面白かったです。様々な人生経験は、将来の自分の引き出しになるものだと思うので、高校生や、大学生のうちにたくさん経験したいと改めて思いました。

                   

                  三日目はいよいよ本番で話させていただきました。

                  緊張で頭が真っ白になりましたが、とても楽しくあっという間に15分が過ぎていきました。とても濃い15分で、貴重な経験をすることができ、嬉しく思います。パーソナリティの方は、話の回し方がとても上手で感激しました。私も将来あんな風に話せるようになりたいと改めて実感しました。そのためにも今は、高校生として今できることに精一杯取り組んでいきたいと思います。今までぼんやりとしか描いていなかった将来が、今回の経験を通して明確になり、インターンシップをして、本当に良かったなと思います。貴重な経験をさせていただき本当にありがとうございました。

                   


                  職場体験レポート!  奈良県立奈良北高校 坂口美結さん

                  0

                    インターンシップを終えて

                     

                    私は高校で放送部に入っていて、将来の夢がアナウンサーで実際に放送関係の仕事をしたいなと思い、奈良シティエフエムコミュニケーションズにインターンシップに行かせて頂きました。

                     

                    このインターンシップで、生放送に出ることは始めはとても緊張して頭が真っ白になりかけたのですが、本番が始まる直前に「リラックスして話そう!」と言っていただき、落ち着いて話していくと凄く楽しいなと思いました。そして、ラジオパーソナリティーの方の話の振りや進行が上手い上に、時間きっちりに終われることが凄いなと思いました!進行は苦手なので、相手の方と少しでも掛け合いがしやすいように心がけながらこれからも話す練習をしていきます!このようなことにまた携われる機会があればしっかり活かしていきたいと思います。そして、実際にラジオパーソナリティーとして話されていた方が私の高校の部活の先輩だ!と声をかけて下さって、「そうなんだ!」と何だか嬉しい気持ちになりました。少しだけですが話し、アドバイスを頂けてもっと頑張ろうと感じました。

                     

                    生放送に出させて頂けたり、その場の空気感を感じれたことは一番貴重な経験でした。中学校以来のインターンシップだったのですが、行きたい職場が行けてたくさんの学びが得られて本当に良かったです!何よりもとても楽しかったです!そして皆さん人柄が温かくて、しかも感謝の気持ちでいっぱいです!

                    3日間貴重な時間を頂き本当にありがとうございました。

                     


                    職場体験レポート!  奈良県立朱雀高校 樋口千夏さん

                    0

                      奈良朱雀高校 2年 樋口千夏

                      私は三日間の短い期間にならどっとFMに職場体験で来させていただきました。マスコミ関係の仕事に興味があったので職場体験で来れて良かったです。

                       

                      1日目に、掃除と冊子の袋詰めをやらせていただきました。

                      2日目に、午後からバンビシャス奈良への取材と冊子の袋詰めをしました。

                      3日目に、ラジオの生放送に出演させていただきました。

                       

                      バンビシャス奈良についても全然知らなかったので少し知れてよかったです。ラジオの生放送はすごく緊張しました。声も震えてとてもドキドキしていましたが貴重な経験ができて良かったです。担任の先生がメールを送ってくれてとても嬉しかったです。1つのラジオを作るのにもたくさんの方が関わっていることを知りすごく感動しました。社員さんもすごく明るくて雰囲気がとてもよくとても楽しかったです。3日間というとても短い期間でしたが本当に貴重な経験もたくさんできたので良かったです。

                       

                       


                      | 1/22PAGES | >>

                      calendar

                      S M T W T F S
                      1234567
                      891011121314
                      15161718192021
                      22232425262728
                      293031    
                      << December 2019 >>

                      selected entries

                      categories

                      archives

                      recent comment

                      links

                      profile

                      search this site.

                      others

                      mobile

                      qrcode

                      powered

                      無料ブログ作成サービス JUGEM

                      © 株式会社奈良シティエフエムコミュニケーションズ. All Right Reserved.