Fun!Fun!もっとペラペラTime!!  2020.10.10 テキスト

0

    Fun!Fun!もっとペラペラTime!!

    毎月第2土曜日 11:00〜11:30

    (再放送 毎月第4月曜 12:30〜13:00)

    番組担当:ロミオ・シャナハン

     

    英語初心者や中級者でも使える便利フレーズを、海外雑学とトークを交えてご紹介。

    今使われるカジュアル表現から少しフォーマルなものまで、ゆっくり学びましょう。


    放送を聴く

     

     

    Fun! Fun! もっとペラペラTime !! 第7

     

    テーマ 「捨てる」

                       

     

    throw away 「捨てる / 放り出す」   特にゴミを捨てる際によく使われる表現

    例:Don’t throw away anything you can still use.

     

    remove 「取り去る / 撤去する / 移す」  PCのデータを「消す」時にも見られる

    例:She removed the safety chain and opened the door.

     

    get rid of  「捨てる / 消す / 手放す」 物、こと、人にも使える便利表現

    例:I can’t get rid of my feeling of guilt.

    ※ゴミに対しては throw away の方が自然

     

    abandon 「見捨てる / 放棄する」 物事や場所を手放す際などに使われる

    例:His car was abandoned on the side of the road.

     

    when one door is shut another is opened   「捨てる神あれば拾う神あり」

    海外では一神教を信じる人が多いので「捨てる神あれば〜」の表現をそのまま英語にはしない。「道が閉ざされているように見えても、別の方法があるだろう」という

     

    dump 「捨てる / 処分する / 投げ捨てる」

    例:He came back home and dumped his bag on the sofa.

     

     

     

    本日のポイント単語  -    remove...   Guilt...   Abandon...   Dump...   Sofa...  

     

     


    Fun!Fun!もっとペラペラTime!!  2020.09.12 テキスト

    0

      Fun!Fun!もっとペラペラTime!!

      毎月第2土曜日 11:00〜11:30

      (再放送 毎月第4月曜 12:30〜13:00)

      番組担当:ロミオ・シャナハン

       

      英語初心者や中級者でも使える便利フレーズを、海外雑学とトークを交えてご紹介。

      今使われるカジュアル表現から少しフォーマルなものまで、ゆっくり学びましょう。


      放送を聴く

       

      Fun! Fun! もっとペラペラTime !! 第6

       

      テーマ ちょっと太った?」

                         

       

      fat   「太った。デブの」   ストレートすぎる表現なので状況を選ぶべき単語

      例:You’ll get fat if you eat all that.                  

      chubby =「ぽっちゃり」という少し優しい表現もある

       

       

      skinny 「痩せた。細い」 skin =皮膚からくる単語で、普段使いには好ましくない

      例:You look skinny. You should eat a lot more.

      slim =(健康的に) 細い」というイメージの単語もある

       

       

      Put on weight   「太る」     ポジティブにもネガティブにも表現できる

      例: Did you put on some weight ?    Yeah. I think I put on a few pounds.

      fatは「デブ」にあたる表現でストレートすぎるので、使う状況を選ぶ必要がある

       

       

      Lose weight   「痩せる」   

      例: I really have to lose weight. Summer is almost here.

       

       

      gain   「得る。増える。稼ぐ」

      例:I've gained five kilograms.

        

        Extraordinary   「驚くべき。並々ならぬ」

      例:three hundred kilograms is an extraordinary weight even for a sumo wrestler.

         

       

       

      本日のポイント単語  -     fat...    chubby...   Pound...     skin...     weight... 

       

       


      Fun!Fun!もっとペラペラTime!! 2020.08.08 テキスト

      0

        Fun!Fun!もっとペラペラTime!!

        毎月第2土曜日 11:00〜11:30

        (再放送 毎月第4月曜 12:30〜13:00)

        番組担当:ロミオ・シャナハン

         

        英語初心者や中級者でも使える便利フレーズを、海外雑学とトークを交えてご紹介。

        今使われるカジュアル表現から少しフォーマルなものまで、ゆっくり学びましょう。

         

        放送を聴く

         

        Fun! Fun! もっとペラペラTime !! 第5

         

        テーマ「飲食店での接客英語(応用編)」

                                         

         案内

         

        How many in your party  「何名様ですか」

        カジュアルなお店であれば How many と聞くだけでも問題ないが、文頭にForを付けた方が自然。入ってきた人数が3人の場合For three?と 聞くこともできる。

        ※最初に挨拶を忘れずに。店内で食べるか持ち帰りか聞く際はFor here, or to go

         

        Your table is here.   「テーブルはこちらです」

        混雑していて待たせる場合はIt’ll be about 10 minutes.のようにすれば待機時間が伝わりやすい。準備ができればYour table is ready. Right this way. と案内しよう。

        好きな席を選ばせる場合はplease take seats anywhere you like. (sit downは少し失礼)

         

        Here’s your menu 「こちらがメニューです」

        注文を待つ場合はPlease call us (press the button) when you are ready to order.

         

         注文

         

        What would you like Are you ready to order? 「ご注文は何にいたしましょう」

        最後に飲み物を伺う際はWould you like anything to drink?が丁寧だが、Anything to drink?だけでもOKWould you like 〜?はとても便利な表現。

        料理を切らしている際はI'm sorry. We are out of ○○ today.で応用が利く

         

        Anything else? 「ほかにご注文ありますか?」

        注文を確認するならLet me repeat your order. I have ○○, and ○○..... Is that all

        席を去る際にはYour food will be ready soon. 等の一言が欲しい

         

        Thank you for waiting. Here’s your 〜 「お待たせしました。こちらが〜」

        Thank you for waitingは長く待たせた場合にのみ使われる国も多いので、少し驚かれるかもしれない。

        注文が全て揃ったか確認する場合はDo you have everything (you ordered) Is that everything

         

                        

        退店

         

        Can I take your plate? 「お皿を下げてよろしいですか?」

         

         

        It’s 3000yen please. 「3000円でございます」

        お釣りを渡す際はHere’s your change.と言い加えよう

        ※海外ではお客さんが食事を終えてから伝票をテーブルに置く場合が多いので、先に置く場合はI’ll leave the check here. You can take your time with that.と言ってあげた方が良い

         

         

        Thank you for coming. 「ご来店ありがとうございました」

        最後にHope to see you again. の一言もあればgood.

         

         

         

         

        本日のポイント単語  -   button...   Repeat...   change...

         

         


        Fun!Fun!もっとペラペラTime!! 〜2020.07.11 テキスト〜

        0

          Fun!Fun!もっとペラペラTime!!

          毎月第3土曜日 11:00〜11:30

          (再放送 毎月第4月曜 12:30〜13:00)

          番組担当:ロミオ・シャナハン

           

          英語初心者や中級者でも使える便利フレーズを、海外雑学とトークを交えてご紹介。

          今使われるカジュアル表現から少しフォーマルなものまで、ゆっくり学びましょう。

           

          放送を聴く

           

          Fun! Fun! もっとペラペラTime !! 第4

           

          テーマ 「 勘違い」    

           

          misunderstand 「誤解する・勘違いする」 耳で聞いて勘違いした際によく使われる

          例:I’m sorry that was my misunderstanding.

          読み間違えて勘違いした場合はmisread と表現される

           

           

          I thought ~ 「〜だと思ってた」 勘違いを表す際に最もよく使われるフレーズ

          本来「勘違い」を表すものではないが、誰もがカジュアルに使える表現。

          例:I thought the show was on Friday.

           

           

          I got it wrong 「勘違いしてました」  よく聞くカジュアル表現

          例:Don't get me wrong Marty. That was a great trip overall.

            

           

          I was under the impression that 〜 「てっきり〜だと思った」 根拠もなく何かを信じたり、思い込みだった際などによく使われる。  ※ impression=印象

          例:I was under the impression that he was a bad guy.

           

           

          I mixed up 〜 「(日程や時間等を)勘違いする」 本来は複数の物を混ぜる意味

          例:I thought the party was today. I mixed up the dates.

           

           

          本日のポイント単語  - misunderstand...   Trip...   Overall...   Impression...  

           

           


          Fun!Fun!もっとペラペラTime!! 〜 2020.06.20 テキスト 〜

          0

            Fun!Fun!もっとペラペラTime!!

            毎月第3土曜日 11:00〜11:30

            番組担当:ロミオ・シャナハン

             

            英語初心者や中級者でも使える便利フレーズを、海外雑学とトークを交えてご紹介。

            今使われるカジュアル表現から少しフォーマルなものまで、ゆっくり学びましょう。

             

            放送を聴く

             

            Fun! Fun! もっとペラペラTime !!第3回

             

            テーマ  先生

             

            皆さんは先生のことを「Teacher」と呼んでしまったりしていませんか?

            本日は「先生」や「指導」に関わる英語を教えていきます

             

            .侫 璽好肇諭璽爐埜討屮ジュアルなクラス、レッスンでは一般的。

            Hi Everyone. Please call me Romeo.

            先生からファーストネームで自己紹介されたりそう呼ぶよう言われたら迷わなくてOK

            Teacherと呼ぶのは不自然なのでNG。医者にdoctor、監督にcoachと呼びかけるのはOK

            例:I have a terrible headache, doctor

             

            Mr.Mrs./Ms.一般的な呼び方。男性にはMr. 女性にはMissMrs. Ms.

            例:Don’t worry, I’m okay. Thank you, Mr. ...I’m Smith. Roy Smith.

             

            Professor「教授」研究者や教授を呼ぶ際に使われる少し堅い表現

            例:Excuse me, professor Brown. I’m afraid I didn’t get a syllabus.

             

            Teach(知識や技術、勉強を)教える

            例:Can you teach me how to ride a bicycle?

             

            Show(見せて)教える実際にやり方、使い方を見せて教える際に

            例:Can you show me how to get to Nara Station?

            (地図等で見せたり実際に連れて行って)奈良駅までの生き方を教えてくれますか?

             

            Tell(情報等を)教える住所や電話番号等を教える際に

            例:Can you tell me Leo’s phone number?

            ※Tellは本来「言う。話す」と言う意味があるので、口頭で伝える際によく聞くが、必ずしも口頭でないといけないわけではない。

             

            本日のポイント単語-terrible...   headache...   Professor...   Syllabus...

             

             


            Fun!Fun!もっとペラペラTime!!  〜2020.05.16 テキスト〜

            0

              Fun!Fun!もっとペラペラTime!!

              毎月第3土曜日 11:00〜11:30

              番組担当:ロミオ・シャナハン

               

              英語初心者や中級者でも使える便利フレーズを、海外雑学とトークを交えてご紹介。

              今使われるカジュアル表現から少しフォーマルなものまで、ゆっくり学びましょう。

               

              放送を聴く

               

              Fun! Fun! もっとペラペラTime !! 第2

               

              テーマ  メールやネットでよく見る略語

                      

              Laughing out loud     LOLと略され、声をあげて笑うという意。()と同じ使い方

              例:Check out this video. It’s awesome.LOL

               

              As soon as possible   ASAP  「なるはや」つまり、「なるべく早く」という意味

              例: Read the documents and give me an answer ASAP.

                   Okay I’ll do it, but it’ll take at least an hour.

              ※発音は「エーエスエーピー」「エイサップ」等、人による。会話で使われることもある

               

              Be right back   BRB 「すぐ戻ります」    I’ll be right back

              例:Someone is at the door. I’ll be right back (BRB) .

               

               

              By the way      BTW 「ところで」

              例:Btw, How did you get to know her

               

              You only live once     YOLO「人生は一度きり」 流行に敏感な人達は使わなくなった

              例:I’m going to start my own business. YOLO

               

               

              本日のポイント単語  -   laugh...   Loud...   Document...   Awesome...  

               

               


              Fun!Fun!もっとペラペラTime!!  〜2020.04.18 テキスト〜

              0

                Fun!Fun!もっとペラペラTime!!

                毎月第3土曜日 11:00〜11:30

                番組担当:ロミオ・シャナハン

                 

                英語初心者や中級者でも使える便利フレーズを、海外雑学とトークを交えてご紹介。

                今使われるカジュアル表現から少しフォーマなものまで、ゆっくり学びましょう。

                 

                放送を聴く

                 

                Fun! Fun! もっとペラペラTime !! 第1回

                 

                テーマ:程度で使い分ける「好き」「嫌い」

                 

                Like / Love   基本中の基本。誰にも、何にでも使える万能表現

                例:I like my coffee strong.  コーヒーの「濃い」はstrongで表現するのが一般的

                 

                I like ita lot/very much Likeを強調 

                Love でさらに強い「好き」になる (~に夢中、大好き)

                ※ハンバーガー屋さんのI’m Lovin’ it は英語表現としては間違いだが、組織や製品のキャッチコピーとして、こういう事はよくある。

                 

                 

                I can't get enough of ~   「〜が好きでたまらない」

                例: I seriously love this beer. I can't get enough of it

                 

                 

                Crazy about ~   「〜が大好き」  意外とよく聞く便利表現

                例: Sarah is a huge fan of that band. She is crazy about them.

                 

                 

                Hate 「嫌い、大嫌い」  日常会話では避けるべき感情的な強い嫌悪

                I hate tomatoes...            

                 

                ※「嫌い」と言いたくて表現に迷ったときは、I don’t like ~ と表現するのが無難

                I hate him. と言ってしまうと→ You don’t hate him. You don’t have to say that.

                と、少し怒られてしまうかも。Hateを使う際は注意しましょう。

                 

                 

                I can’t stand ~ 「〜に耐えられない」 hateよりは使いやすい表現

                I can't stand the smoke. It ruins my appetite...

                 

                 

                本日のポイント単語 -   huge...  enough...  Crazy...   Hate...   Smoke...   Ruin...   Appetite

                 

                 


                | 1/1PAGES |

                calendar

                S M T W T F S
                    123
                45678910
                11121314151617
                18192021222324
                25262728293031
                << October 2020 >>

                selected entries

                categories

                archives

                recent comment

                links

                profile

                search this site.

                others

                mobile

                qrcode

                powered

                無料ブログ作成サービス JUGEM

                © 株式会社奈良シティエフエムコミュニケーションズ. All Right Reserved.