第92回議事録

0
    第92回 番組審議委員会 議事録
     
    1.開催日時   平成27年 7月 24日
     
    2.開催場所   株式会社 奈良シティエフエムコミュニケーションズ
     
    3.委員総数   9名
             出席委員数 9名 
             欠席委員数 0名
     
    出席委員の氏名  伊藤 和子、嶋岡 みどり、岡村 彰士、森 博子、吉田 信康、
    馬嶋 量、石橋伸之、伊藤 正恵 吉田 哲也
    欠席委員の氏名  
     
    放送局側出席者  中川直子、大道 ラン
     
    4.議 事    “崛反概
             △修梁
     
     
    5.議事の概要 番組審議 試聴番組について説明
    〇「creators クリエイターズ」
    第2.4金曜日PM20:30〜20:59生放送(7月より第4火曜日のみ)
    美容室のオーナー KAZ。有働武弘。河内和彦の三人が様々なクリエイターゲストをお招きしてのトーク番組。次世代の美容師へのエールを送ります。スポンサー番組
    2015年6月9日放送分です。
     
    〇「消費生活センター情報」
    月1回第3水曜日PM12:15〜12:29の放送。
    日頃から消費生活センターに寄せられる、相談事例を紹介し、それに対するアドバイスなどをセンターの方が伝えます。
    2015年6月17日放送分です。
     
    6.審議内容  番組審議
    (1)番組試聴
    委員よりの意見
    〇「creators クリエイターズ」
    • 中田さんという世界的VJゲストを迎えたことが目新しく,番組に活力を与えていた。
    • VJが何かという基本的な説明が足りなかったのではないか。トーク番組だから構わないのか。
    • 専門用語(Mapping, Projection mapping,…)が飛び交い,内容を想像して聞いていた。
    • 擬音語にたよることが多く,雰囲気で番組が進行していた(「ワーッとなる。ワーワーじゃないですか」。
    •  仲間内の用語が多く,自分達だけが楽しんでいるように感じた。(桜田ファミリア…,バァーっと…)。
    •  早口・小声・不明瞭でKey Wordが聞き取れなかった。話が盛り上がってくると3人が一斉に歓喜の声を発したり,肝心の話に横ヤリが入ったりしたので重要な個所がよくわからなかった。
    •  主語述語の関係が曖昧。目的語が不明。語尾の消滅などが多く,聞きづらかった。
    •  用語・用法の間違い。(鳥の羽化×孵化,「全然…大丈夫」,「下手すれば成功」×)
    • 軽快なリズムのスタートは良かったです。
    • ゲストの中田さんの喋り出しがマイクのせいか聴こえなかったのがおしいです。
    • 映像演出家、ビジュアルジョッキーという仕事が有ることを知った。ラジオで映像の事をどれだけ伝えられるのかと思ったが、世界2位であるとか、プロジェクションマッピング等今流行の部分からの導入でネットで確認したい気分になりました。
    • 燈火会の去年のイベント今年の見どころなどをもう少し早く詳しく出して貰ったら参加の気分が高まったのでは無いでしょうか。
    • 全体として良い組み立ての番組だと思いました。
    ・映像演出家のゲストの話は興味深い内容でした。映像の説明も思い浮かべることができて良かった。
    ・聞きたいことをインタビュアーが聞き出し、話題をふってくれて良かった。良いインタビューでした。
    ・ 番組が始まって約1分半、曲が流れているだけだったので、何が始まるのか分からなかった。ゲストの中田さんの第一声、マイクがONになってなくて全く聞こえずとても残念に思えた。映像技術の話はすごく興味深い聞けた。中田さんがどういう方なのか、もっと色々さぐって欲しかった。
    ・ 番組名どおり クリエイトな人の登場で割合 時間も長く話が聞けた。
    ・ あれがプロジェクションマッピングというのか 実際に見たことがないが、タイムリーに燈花会が近く ひとつ楽しみが出来た。
    ・グローバルで最先端の映像の話を聞いて世の中がどんどん変わりつつあるのかを感じた。
    ・30分は長いと最初は思っていました。
    ・少しマイクの調子が悪いのか聞こえづらいところがありました。
    ・聴いているうちに内容が面白かったので楽しかったです。
    ・音楽が少し長く感じました。
    ・美容室オーナー・スタイリスト3名のカズ、ウドウ、カワチがゲストを迎えてのスポンサー出演番組である。番組オープニングに「まずは始めよう」という台詞がある曲から突然始まり、9月21日の奈良ヘアーショーの紹介、カンボジア訪問した事をサラッと述べて、ゲスト紹介に入ったが、広報したい事項をもう少し確り、聞き手に記憶してもらうように重ねて述べるなど、工夫をするように、アドバイスするとよい。ゲストのナカタ・タクマ氏は、ローマのVJ大会で世界2位、親の転勤でブラジル、インドネシア、セネガル、オランダ大学卒でグローバル世代を代表している興味ある若人との対話であった。計4名の話であり、ゲストと主副での鼎談形式にした方が良いと想う。
    ・映像をFMで説明するのは難しいが、大阪城イベント事例と奈良・燈花会の映像を上手く説明したと想う。
    ・以前1300年遷都祭プレイベントで県庁壁面に朱雀大路とジャンボ機を提案したが、実現しなかった事を想いだし、燈花会が長期間化と盛況が嬉しい。
     
    ○「消費生活センター情報」
    ・最近の世相をかんがみて,悪徳商法被害にあわないための重要な情報番組だと思った。
    ・構成がしっかりしている。〜りつけ商法の説明 具体的な相談 トラブルを防ぐための方法,の順に話され,不慣れな高齢者が狙われるケースについて細やかに解説されていた。対処方法についても様々な場面を想定して伝えられていたのが良かった。
     消費者センターの方の原稿が棒読みだった。興味を引く内容・構成なのに面白くなかった。
    ・ 一つのまとまりが長い。女性アナウンサーの生き生きした受け答えで救われている。(「怖いですね」など) この合いの手がもう少しほどよく入れば,もっと聞きやすくなったのに,と惜しまれる。
    ・ 相談窓口の電話番号はもう少しゆっくり言い,繰り返すのがよいと思う。印象に残る語呂合わせなどを工夫されてはどうだろう。例「0742-26のおくさん!(0931)」「おくさん1番」。
    ・健康食品の送り付け商法というのが有ることを知りました。
    ・商法の概要説明から対処の方法等を実例を交えて紹介され、押し切られた場合のクーリングオフの事等も説明されてわかりやすかったと思います。
    ・最後に健康食品以外にもこんな商品が同様の送り付け商法があるとか紹介して貰ったらなお良かったと感じました。
    ・最後の相談窓口の紹介に来所と言っておられたので所在地も案内した方が良かったと思います。
    ・話題として、特に後半の対処方法など、注目したい情報です。
    ・事例の説明が細かすぎて長くてわかりにくい。先に要点を述べてから、勧誘業者に関するキーワードを印象づける部分だけ説明してはどうか。そうすれば、同様の電話の際に気付きやすいと思われる。
    ・消費者センター・谷氏が丁寧に原稿を読みながらと分かるが、かえってその方が真面目な相談例の内容であり、良いと想う。今回は「健康食品の送り付被害」に関する相談への有益な解説であった。
    ・高齢者が被害にあっている事例を具体的に説明したように、このような無知な市民への多様な被害にあっている事例で紹介し、対策を安心してできる相談先が、消費者センターであるという事を社会貢献への重要な広報活動として、さらなる充実を期待します。
    ・電話番号:0742-26-0931が相談窓口である事とクーリングオフ・8日間という事を明確に伝えた事は適切で良いお知らせだった。
    ・すごく参考になった。
    ・他人事ではないと思うので気をつけようと思います。家族にもこういった問題があるというのを伝えようと思う。話がダラダラしてたので、一回聞いただけでは内容を忘れてしまいそうになる。
    ・大変重要な内容の番組だと思います。
    ・少し話が長く感じる部分があるが、センターの方と進行の方が役割を果たしている。
    ・何度も流して注意するようアナウンスしていくのはコミュニティラジオとしては必要ではないかと思いました。
    ・とても役に立った。実際の内容を聞いていると、とてもしつこく強引で恐ろしいと思った。
    ・はじめの2つの事例は、どのように解決されたのか、後に話しされた4つの自衛策の中にあり、ダブルのかもしれないが、その度教えてもらってもよかったと思う。
    ・消費者センターをとても心強く思った。
    ・詳しい説明なので、とても参考になる番組だと思います。
    ・もっといろいろな相談内容が聞きたいです。
    • その他
    • 次第に番組内容が真面目な社会貢献する内容になってきていることに、貴局関係各位のご尽力の成果と感心致し、敬意を表します。
    • 樹を見て森を観ないようにならない様、審査委員としても留意して更なる番組充実と発展に陰ながら、お手伝いと祈念いたしたく存知ます。
    • いつも楽しく有意義な番組を放送していただきありがとうございます。
    • 台風などの非常時には、夜を徹しての放送待機。感服します。ありがとうございます。
    • WAKE UP NARA 、784WAVEに代表される参加型番組は、ラジオから流れる投稿メッセージを聞くことで自分の思いやエピソードを客観的に見つめなおすことができる。ラジオネームという秘匿性が、安全で自由な表現の場を確保してくれて、参加するリスナーがパーソナリティや他のリスナーさんたちと共に番組をつくりあげているという意識も高まる。これは社会的居場所の確保にもつながり、心身を健康で豊かにさせると思う。長く続けてほしい。
    • 最初の分が30分で視聴にたえれるかと思いましたが、2本目も含め今回は聞き流すのではなく、聞き入る内容で時間を感じさせず良かったです。
    • 複数のマイクを使う場合に後から入るマイク音量が低すぎることが多いので、現場の操作が適切にやりやすいように(手順カードやポジションマーカーなど)工夫することが望ましい。
    ・リクエストをして良い番組がどの番組なのかわかりにくいかもしれません。
    ・気を付けていると思いますが、入れ替えの時のマイクのカフが上がったままの時があり ました。
     
    7 会社からの答申
    なし
     
    8.審議機関の答申または、意見を公表した場合におけるその公表内容、方法及び年月日
           第92回番組審議委員会議事録は、当社ホームページにて9月中旬公表。
           
     
    9.その他参考となる事項
             なし

    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    calendar

    S M T W T F S
          1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    3031     
    << July 2017 >>

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM

    © 株式会社奈良シティエフエムコミュニケーションズ. All Right Reserved.