第95回議事録

0
    第95回 番組審議委員会 議事録
     
    1.開催日時   平成28年 1月 29日
     
    2.開催場所   株式会社 奈良シティエフエムコミュニケーションズ
     
    3.委員総数   9名
             出席委員数 9名 
             欠席委員数 0名
     
    出席委員の氏名  伊藤 和子、岡村 彰士、吉田 信康、吉田 哲也、嶋岡 みどり
    馬嶋 量、石橋 伸之、伊藤 正恵、森 博子
    欠席委員の氏名  
     
    放送局側出席者  大道 ラン、大上 薫
     
    4.議 事    “崛反概
             △修梁
     
     
    5.議事の概要 番組審議 試聴番組について説明
    〇「JWAT奈良」
    毎月第2.4水曜日PM12:15〜12:29生放送
    子ども・女性・高齢者安全対策課の警察官が、スタジオから主に子どもや女性に対する犯罪状況や防犯アドバイスなどを、生放送でご紹介します。
    2015年12月23日放送分です。ご感想をお聞かせください。
     
     
    〇「開運モテアドバイザー亜美の“モテの秘訣”」
    毎月第3月曜日AM10:30〜10:44の放送。
    自信が持てる女性はキラキラ輝きます! 新しい一歩を踏み出すお手伝いをする番組
       です。2015年12月21日放送分です。ご感想をお聞かせください。
     
     
     
    6.審議内容  番組審議
    (1)番組試聴
    委員よりの意見
    〇「JWAT奈良」
    • JWATの意味が不明でした。
    • 前回の「いかのおすしいちにんまえ」を振り返られましたが、皆が聞いていたわけじゃないので、それ何?と気になったけど、意味の内容まで振り返えられなかったので、わからずじまいす。
    • その後の防犯の注意点は堅苦しくなくわかりやすかったと思いました。
    • いろんな手口の紹介がより現実的で良かったと思います。
    • 生放送とは思えない感じでよかったです。
    • 季節や世相を反映した防犯情報が提供されている。
    • 発生件数が示されているので、注意が喚起される。
    • 特殊詐欺については専門用語がわかりやすく説明され、だましの手口が具体的に話されているので、防犯意識の向上につながると思う。
    • 内容を分類してあり、男性アナウンサーがまとめたり、反復したり補足したりして、わかりやすい。時間配分も適切。
    • 語呂あわせの良かったところ “ATM あかん とられる 待ちなはれ”
    • わかりやすい内容と聴きやすい話し方でよいと思います。
    • 男性アナウンサーのテンポと間が気になりました。さらなる経験を積まれますよう期待します。
    • 聞きやすい声でとても分かりやすい番組だと思いました。
    • 事例を伝える事で被害の内容をわかりやすく説明されていて、すごく興味深く聞くことができました。
    • 女性警察官に男性のキャスターがたずねる形式は良いのですが、生放送という触れ込みにしては、原稿を読んでいることが分かりすぎる真面目さが、当該番組なので仕方がないでしょうが、聞いていようと思わなくなる長い文章を短くして、対話的な構成に、今後は工夫検討を期待します。
    • キーワードを最初に明確にし、それに対する説明とか警告を解説して頂くと良いのではないでしょうか。
    • 番組最初に、今日の話題は何々という、聞いてもらうための親切さと順序の配慮が欲しいです。
    • こうした公的な番組は、大切で今後も期待致します。
    • 注意を呼びかける為に、必要な番組だと思います。
    • 内容が具体的なのでわかりやすい。
    • 聞き手が男性なので、声が混ざらず聞きやすかったです。
    • 自己防衛が大切だとあらためて感じました。
    • わかりやすい内容の番組だと思います。
    • 自分は大丈夫と思っている時に聞くと、注意しなければいけないと思わせてくれます。
    • この様な情報番組はとても必要だと思います。
    • 現役の若い女性警察官のお話で、雰囲気良く、とても役立つ情報だと思う。
    • ただ少し堅い表現だと思うところがあった。サギの種類〜名目など、ちょっと聞いただけでは分かりにくい。また、事件の件数などはあまり詳しくいうのも意味がないように思う。
    • 子どもさん向けの話のときには、実際に子どもさんにスタジオに来てもらうのも視聴者には興味が持てる。
     
     
    • 「開運モテアドバイザー亜美の“モテの秘訣”」
    • くしゃみで肋骨が折れるって凄いですね。
    • カメラマンによる写真の撮られ方もてポーズ等はプロから見た感じがわかりました。
    • スマートフォンでの自撮で表情とかの練習をするというのは良いと思いました。(自分の自撮の顔がいつも変だから)
    • 開運、年末のお礼参りは良いと聞きます。お賽銭の「白、黒、穴」は知らなかったです。
    • 普通の会話で、悪くはないが、「あるじゃん。そうやんね。○○やん」と云う言い回しは少し気になりました。
    • 魅力的な自己表現は他人をひきつけるだけでなく、その場の雰囲気も良質なものに変えるだろう。知っておくと良い内容だと思う。
    • 指の谷折り、山折り、ennuiな感じ、など初めて耳にする言葉もあったが、違和感はなく新鮮に感じた。
    • 奇異に思った部分・・・「メンズっぽく」は男っぽくの意味か? 「メンズファッション」という語があるが、これは「男たちのファッション」という意味で、Men’sとなっている。Manの複数形がmenなので、メンズっぽくというのは奇異に感じた。
    • フリーカメラマン安雑順子さんから見た目線で、モテる写真の撮られ方を中心に、モテに関わらず、魅せる印象にかかわるポイントが紹介され、興味深い内容でした。
    • 開運の話題では、お礼参りのすすめ、お礼参りのしかたとシロ、クロ、アナのお賽銭の話と簡潔でわかりやすい紹介が楽しく、印象的でした。
    • お財布の整理術の紹介も期待を持たせる良い感じがしました。
    • パーソナリティの吉原亜美さんの話し方は、聴きやすくて良いと思います。
    • 14分番組でゲストさんが来ているのに、ゲストさんの話す時間が短いんじゃないかなぁと感じました。
    • 開運のお礼参りの話も参考になりましたが、時間内に色んな話を詰めこみすぎだと思いました。
    • 最後にもう一度ゲストさんの名前を伝えて頂きたいです。
    • 「モテの秘密」という最初の紹介後に、骨折してしまい無理して坐骨神経痛ながら出演している、という元気な声に感心する。
    • ゲストのアンさんのセンスの良さを聞きだしている。
    • 撮影の角度などから入り、男女での写真の写させ方を紹介していた。自己の要求を撮る方に笑顔で伝えることが大切という。これは姿同様に、話し方、挨拶の仕方等、普通の人も留意すべき点と思える。
    • 「手首」や「指先の仕草」が重要な立ち居振る舞いで、記録に残ることを指摘している。四つの要点をうまく説明していた。「どう見せたいか」が要点とのこと。
    • 年末年始の御礼・挨拶の大切さを鳥居前の二礼のこと。「白黒穴」即ち、100、10、1円玉の白黒と50・5円玉の穴を1万円よりは大切だという。半紙で包むなど、日本人が忘れて知らない点を指摘していて良い。
    • 適度な謙虚さ真面目さがある好番組である。
    • タイトルにびっくりしました。
    • モテアドバイスが具体的で実践しやすそうなので良かった。面白かった。
    • 開運の話がもっと聞きたかった。
    • 14分では短いと感じた。音楽も混じえて29分でも良いと思いました。
    • 背すじをのばすことは写真をとるポーズではなく、日々の生活で必要だと。
    • 楽しく視聴できました。
    • 録音して何回も聞きたくなりました。
    • ふだんの自分を反省することができました。
    • 開運モテアドバイザーって何と思いながら元気な人だなぁと聞いているうちに、イキイキしたいい女になるための話なのかと思ったが・・・。
    • 亜美さんがどんな活動をされているのか自己紹介を。
    • おしゃべりハキハキでほんとに15分はあっという間だった。
    • ゲストの女性がちょっと押され気味に感じられたけれど、少し意識することでいい撮られ方ができるのかと参考になった。
     
     
    • その他
    • カナコさん、昼ラジに異動されたんですね。Wake Upのピンチヒッターをよくされていて、感心していたものです。
    • 784wave 火 マチルダさん 終了30分前でも「番組はまだまだ続きます」と言ってくれるので安心して聴ける。
     
    • 17時50分に送ったメールでも、切り捨てずに読んで下さいます。見捨てられ感が払拭され、番組に対する信頼感が育まれます。
    • 12月は、長時間の特別番組が複数ありましたが、順調に運営されていて良かったと思います。
    • メインスタジオでの複数マイク使用時に、一部のマイクが入っていないことがありますので、更なる改善のための工夫を期待します。
    • 年末の真面目な両番組であった。
    • ならどっとFMが15周年を記念して、独自色が次第に出てきているように感じている。
    • 落ち着きが出てきた。即ち、自信、自律、自立、自尊心が番組編成や内容に反映してきている。
    • 世の中が、暗く殺伐としている現在、地道な活動は重要課題と期待致します。
    • リクエストばかりをかける番組等、音楽メイン、リスナーさんのリクエストメインの番組があれば良いと思います。時間がなくてかけられなかった曲等もその時間に流す等。
    • これからも良質な番組作り、頑張ってください。
     
     
    7 会社からの答申
     
     
     
    8.審議機関の答申または、意見を公表した場合におけるその公表内容、方法及び年月日
           第95回番組審議委員会議事録は、当社ホームページにて2月中旬公表。
           
     
    9.その他参考となる事項
             なし

     

    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    calendar

    S M T W T F S
         12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    << September 2017 >>

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM

    © 株式会社奈良シティエフエムコミュニケーションズ. All Right Reserved.