職場体験レポート! 奈良市立平城東中学校 中西七哉 さん

0

    ・67日。

    僕は職場体験の事前打ち合わせにならどっとFMへ電車を乗って行った。

    その時僕は、自分で調べた地図を手に、行こうとしていたが、いきなりの緊張でパニックに陥ってしまい、せっかく自分で調べた地図が全然役に立たなくなり、人に道を尋ねて、行くことにした。

    そして、事前打ち合わせに5分前につくつもりが、時間ギリギリで着いてしまった。事務所に挨拶に行き、担当の大上さんを呼んで、事前打ち合わせが始まった。あんなに学校で挨拶の事を教えてもらったのに、自分にとってぎこちない挨拶になってしまった。

     

    ・6月14日、職場体験初日。

    あれから、一週間が経ち、ようやく待ちに待った職場体験が始まった。

    裏口からインターホンを押すときに、かすかな緊張が走ったが、僕はその緊張を振り払い、よし!今日から三日間頑張ろうという強気な気持ちで裏口のドアを開け、事務所へと続く階段を上った。まず、最初の仕事はポットの中の水の入れ替えで、その次に、放送資料を、決められている日付に分けて、その後清掃をした。昼食を食べ、商店街のパンフレットを、岡田さんと、整理しに行った。学校の話や、この辺りの美味しいパンケーキ屋さんなど色々な話をした。事務所に帰ってきて、コードの片付けや、パソコンを使ってプレゼント企画の当選者の情報を打ち込み、明日の取材に行く所の下調べをし、初日が終わった。

     

    ・6月15日、職場体験二日目

    今日で二日目だと思うと三日間が短く感じられ、少し驚いた。

    昨日のようにインターホン押し、階段を上って事務所へ挨拶をし、今日取材する鹿苑についての鹿についての質問を考え、ある程度考え着いたら実際に取材に行った。鹿苑へ行く道中、

    久々に子連れの鹿や、芝生で気持ちよさそうに休んでいる鹿たちを見て、和やかな気持ちになりました。あっという間に鹿苑へ着き、鹿についての質問をたくさんした。

    鹿についてのことだけでなく、奈良と鹿の関係性を事細かく教えてもらい、明日放送良い放送になるといいねと温かい言葉をもらい、事務所に戻る道中に栗生さんに、ラジオについての様々なことを教えてもらい、ラジオの事についても学ぶ事ができ、そうして事務所に戻り明日放送する事柄を考えた。

    取材というものを今日初めてやらせてもらい、僕が思っていた、忙しい取材のイメージと遥かに違っていた。

     

    ・6月16日、職場体験最終日。

    とうとう職場体験最終日の日がやってきたが、僕は、そんな大事なことも忘れるほどに放送の事で頭がいっぱいで、時間が近づくにつれ、自分の心臓の鼓動が早くなっていることに気がついた。その時、学校の林先生と福呂先生が温かい言葉や勇気の出る言葉をかけてくださって、すこし緊張がほぐれた気がしたが、いざ、本番となると、固まってしまって、最初の方が棒読みになってしまった。段々とほぐれてきて、完全にほぐれたと思ったら、放送が終わってしまっていたので、とても心残りな放送となった。事務所に戻ってくると、色んな方から褒めて頂いたり、差し入れの大きなスイカの事で賑やかになって、楽な気持ちになった。

     

    ・感想

    今日まで、色々な貴重な体験をさせていただいたり、これからの自分の身になることなども教えて頂いたり、時には、楽しい時間を過ごせて頂き、この上なく感謝におもいます。

    この三日間学んだことをこれからの生活に生かせるよう、明日から改めて、頑張りたいと思います。この三日間ありがとうございました。

     

     

     


    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    calendar

    S M T W T F S
         12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    31      
    << December 2017 >>

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM

    © 株式会社奈良シティエフエムコミュニケーションズ. All Right Reserved.