第109回議事録

0

    平成30619

    109 番組審議委員会 議事録

     

    1.開催日時   平成30年 5月 29

     

    2.開催場所   株式会社 奈良シティエフエムコミュニケーションズ

     

    3.委員総数   8

             出席委員数 8名 

             欠席委員数 0

     

    出席委員の氏名  伊藤 和子、岡村 彰士、吉田 信康、大石 正、

    馬嶋 量、石橋 伸之、伊藤 正恵、吉田 哲也

     

    欠席委員の氏名  

    放送局側出席者  大道 ラン、大上 薫

     

     

    4.議 事    

    “崛反概

    △修梁

     

     

    5.議事の概要 番組審議 試聴番組について説明

    〇「教えて!ゆかりん」

    毎月第1月曜日 PM12001214生放送

    担当:辻本ゆか(ファイナンシャルプランナー)

       お金にまつわる気になるニュースや知って得する情報を、奈良のファイナンシャルプランナー辻本ゆか先生が主婦目線でお届けします。

       お相手は栗生優美

    201857日放送分。

    ・ 話の内容は分かりやすく、興味が持てました。

    栗生さんの合槌が「本当に話を聞いているの?」という感じで軽い返事なのが気になりました。

    時々変な間が開くのが気になる。もう少し栗生さんが辻本さんに喰いついて欲しい。

    声の質がにているので、男性が相手の方が良いんじゃないかと思う。

    季候の挨拶から、バーベキューで家族が集まり親の介護の話が出来たらというような導入があり介護がテーマと良い流れでスタートした。

    • 平均寿命と健康寿命 この差が介護が必要と考えるようである
    • 親は、介護について、どんなイメージを持っているか聞いておく事が大事、
    • 実は最近、私の親が緊急入院した時そういう情報がなく少し慌てました。。

      包括支援センターというのがあること、場所や連絡先を調べておく 仕事は辞めない、自分の人生も考えて行動する、無理しない事等介護に向き合う基本的な内容で為になることが多かったと思う。

    • また 放送に関し、トークだけでも15分一気に聴けたし、ライブにしては時間ピッタリでまとめておられとてもよかった。
    • 番組構成は2分以内で自然な流れで本題に入っているので聞きやすい。
    • ゆかりん先生の冒頭(月曜日)今日はあかん」これはやめてほしい。
    • タイムリーな話題である。
    • 平均寿命と健康寿命の差は同じ年のデータで比較して欲しかった。
    • ゆか先生の話す内容はよくわかる。ちょっと早口でテンポは良いが一回では聞き取りにくい。栗生さんが合いの手をうまく入れて繰り返してはどうだろうか。
    • 番組構成はきちんとされてよい。
    • 誰もが避けられないのに先延ばしにしている介護の話は、ドキッとして刺激を受けた。
    • 大切なことを具体的に箇条書きのように聞いた。
    • 短い時間で無理かもしれないが欲をいえばお金のこと、後期高齢者保険や介護保険の内容 団塊の世代を控えた介護保険のいくすえ、又 施設入居の費用など聞きたいと思った。
    • 誰もが必ずぶち当たる問題だと思うので興味深かった。
    • お金に関する事だけではなく総合的なアドバイスなのは、主婦目線だからなのだと思います。
    • 115分だけの放送ではもったいないです。
    • 愛のある番組だと思いました。
    • 日本における平均寿命と健康寿命との差から介護が必要な期間が10年ほどもあるという事実は認識しておく必要があると思います。
    • 緊急時に相談する相手としてかかりつけの医院、民生委員、自治会役員などと連絡が取れるようにしておくという話があった。これは大事であるが、今、町内会(自治会)でも昔と違って、住人間の交流がなくなっていること、一人暮らしの高齢者が増えているが、緊急時の連絡先を調べることが個人情報であるため難しいことなど、民生委員、包括支援センター、市町村も現状を把握しておくことは、ゆかさんの話にあったように重要であるので、さらに深く掘り下げて話題としてもらえるといいかと思います。
    • 少子高齢化社会の課題が多く、誰でも係る問題ですから、常に関心を持っている必要があります。そうしたことへ警鐘を取り易く、平均寿命と健康寿命との差異が約10年あるという事を教示して下さり、老親を看取るために普段から兄弟と共に 両親から希望や現在の生活・財政・環境状況と地域の相談先等を知っておくようにとの指摘が適切で関心しました。

      聴きやすい話し方で、良いと思います。

      ・ 最近の、連休中の体験から、テーマである「家族が親もとに集まったときに親の介護

      の話をしておくこと」につなげることで工夫されています。

      ポイントをおさえた内容で、リスナーの興味をむけさせ、意識を向上させる効果が期待

      できます。

    • 項目が多いので、ざっくりと3つ程度ごとに区分して、短い見出しをつけて話すと、より聴きやすくなるように思います。

      今回の場合は例えば、◎親から聞いておくこと (1)介護についての考え方 (2)どんな暮らしをしているか (3)いざという時に頼れる人 ◎調べておくこと (1)地域の包括支援センター (2)介護を親の資産でまかなえるか (3)介護のために仕事を辞めない方法、のように概要を先に紹介して話す方法もありますので、工夫されると良いと思います。

     

    6 その他、番組について希望・意見

    • 今回も天平祭会場収録番組が放送されたが、放送局ならびに出演者の担当番組を会場と放送時に広報する良い機会であるので、よりいっそうの工夫も含めて継続されることを期待します。会場では、番組情報・出演者名の掲示、公開収録のタイムテーブルの掲示、番組内容としては、今回の共通テーマを追加するなどが考えられます。

    7 会社からの答申

     

    .審議機関の答申または、意見を公表した場合におけるその公表内容、方法及び年月日

      第109回番組審議委員会議事録は、当社ホームページにて6月下旬公表。

     

    .その他参考となる事項

     なし

     


    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    calendar

    S M T W T F S
       1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    262728293031 
    << August 2018 >>

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM

    © 株式会社奈良シティエフエムコミュニケーションズ. All Right Reserved.