第112回議事録

0

    平成301214

    112 番組審議委員会 議事録

     

    1.開催日時   平成30年 11月 27

     

    2.開催場所   株式会社 奈良シティエフエムコミュニケーションズ

     

    3.委員総数   8

             出席委員数 8名 

             欠席委員数 0

     

    出席委員の氏名  伊藤 和子、岡村 彰士、吉田 信康、大石 正、

    馬嶋 量、石橋 伸之、伊藤 正恵、吉田 哲也

     

    欠席委員の氏名  

    放送局側出席者  大道 ラン、大上 薫

     

    4.議 事    

    “崛反概

     

    △修梁

     

    5.議事の概要 番組審議 試聴番組について説明

     

    〇「見たい知りたい自衛隊〜教えてりくしかくん〜」

    3火曜日 PM16151629生放送

    防衛省自衛隊奈良地方協力本部から、自衛隊イベント情報や自衛隊員しか知らない「自衛隊トリビア」等について広報宣伝隊長りくしかくんとともに楽しく放送しています。

    20181016日放送分。

    ・宣伝したい事が明確で良い。メインの男性の方もサポートの女性の方も聞きやすい声と話し方で良い。わかりにくいかな?と思われる言葉もすぐさま説明していて、良く内容を考えられているのがわかる。これからも頑張って下さい。

    ・冒頭の「さて時刻になりました」に少し違和感があった。時刻は1615分と言って貰った方が聴きやすかった気がする。間違いではないと思うが「時間に」と「時刻に」の使い分けが私自身わかっていないのかもしれない。

    ・番組は自衛隊の広報班長らしくアシスタントと共にアナウンサーのように話を進めていくのが素晴らしかった、15分の枠を余さず、近況から応募可能年齢が33歳になった事とその理由、自衛隊の装備品が見れるイベント情報、ホームページ、twitterの案内、隊員募集試験、最後に本として防衛白書の情報等が網羅されていて良かったです。

    ・ただし天理ジャンジャン市の開催地の「長柄」を「ながえ」と読み間違ったのは気になる所です。

    ・出演者の自衛隊奈良地方協力本部広報班長の四方さんのはっきりした話し方はまずまず聴きやすいです。

    ・「ならちほん」という略称はなじみのない人も少なくないのでの、冒頭の番組紹介に続いて、略称の紹介もあわせてすると良いと思います。

    ・余分な言葉がなく、かたい感じがありますが、許容範囲と思います。

    ・番組中を通じて単調な感じが連続するので、3つ程度のパートに分けて、ジングルを入れる、BGMを変えるなどでめりはりをつけると良いように思います。

    ・情報量が多く、セトリーヌさんの出番が少ない構成でしたが、紹介する項目の特徴や詳細内容を聞き出す場面など、もう少し活用されると良いと思います。

    ・こんな番組もやっているのかと思った。幸いにも奈良北部では、自衛隊の活動と身近に見ることがない何となく聞いているだけでも、少し身近になった。

    ・隊員募集、イベント情報、本の紹介と内容は十分であった。私などは、奈良にある駐宅地人地方協力本部というのもどこにあるのかさえ知らない。何ときいても、はじめて知ることになるだろう。

    ・それにしても最近は、より詳しくはホームページでということになるのだなぁと、思う時代の流れ、いたし方ないことだけれど。

    ・自衛隊のことをPRできる必要かつ重要な番組だと思う。

    ・冒頭「初めてきく方に、この番組の説明を、今回は奈良地方協力本部広報班長のシカタさん」にしていただきますというのだろうと思っていたら、「よろしくお願いします」といわれたので、文の前後関係が合っていないように感じた。

    2人とも原稿を読んでいるのがまるわかり。もう少し自然な会話がほしい。

    ・今回は、自衛隊奈良地方協力本部から広報宣伝班長のシカタさんが、三重県で勉強してもどってきての出演ということでした。広報宣伝班長だけあって、話し方は明瞭で分かりやすかった。セトリーヌさんの声もはっきりしていて分かりやすく、必要なところは繰り返すなど心配りもありました。

    10月の重大なお知らせとして、採用年齢が18歳以上27歳までと延長された。国際的変化へ対応、少子化、景気の回復などが理由。また、なぜ33歳なのかとう理由は、階級との関係で技術・知識・リーダーシップの必要な2曹以上になるのに最低限の年齢とのこと。なるほどと納得できる理由でした。年齢の延長理由をきちんと述べていることは、理解しやすかった。

    ・イベント報告で、種々のイベントに参加し、特殊車両の展示や航空ショーなどを行い、広報宣伝に努めている状況が良く分かった。また、試験情報として、毎月のように自衛官の採用試験があること、本の紹介として、防衛白書のお勧めの巻頭部分の特集は、

    まず、ダイジェスト版を出すなど工夫が認められる。去年は、女性の活躍についての特集をするなど、他省庁の白書に比べ、分かりやすい工夫がされていて、防衛相の広報活動はなかなかのものである。

    ・防衛自衛隊奈良県本部の公開を時々拝見しましたので、7年ぶりの当番組・「見たい知りたい自衛隊」を懐かしく拝聴しました。説明役・鹿田氏?とパーソナリティ・セトリーヌさんの丁寧で落ち着いた分かり易い説明が参考になりました。

    18歳から33歳までの応募できるようになったと自衛隊の大切さ最近の世界情勢から大事なこと知らせる良い機会です。

    ・自衛隊奈良本部はじめ奈良地域には多くの大学や企業など広報活動を支援し活用していただける機関が沢山あります。けいはんな地域まで含めた営業活動をなさっていらっしゃると想いますが、深耕して、更に有意義な番組作成と営業を期待致します。

    ・東南海地震が、それほど遠くない時期に発生するとの予測がありますので、災害防止関連など公共機関からの情報発信を奈良県・奈良市にお願いして準備をしたらよいとこの番組で、想いました。

    ・自衛隊について知らない事が多いので、この番組はとても興味深いものでした。入隊年齢が引き上げられたのも初耳だし、自衛隊の車両について詳しい話を聞けて、勉強になります。イベントの告知も本の紹介も話し方が良くて惹きつけられるものでした。分からない事が多い自衛隊の世界、リスナーから質問メールなども受け付けたらいいのでは?と思います。

     

    6 その他、番組について希望・意見

     ・秋から年末にかけて、奈良では観光やイベントの盛んなシーズンにあたり、これらの紹介や実況などを扱う番組が多いですが、今後も継続されることを望みます。

     また、市内の観光渋滞がひどい日が増えていますので、公共交通機関利用や、すこし離れたところからの徒歩移動などおすすめ経路なども紹介できると良いように思います。

     ・いつもバラエティに富んだ番組を提供して下さってありがとうございます。

     ・日曜日9時からの「Onagawa Now!〜佐藤敏郎の大人のたまり場〜」を聞きました。女川町の被災以来、コミュニティラジオが中学校の校庭に仮住まいであったのが、駅近く移転したこと。未だに、震災の影響があることが分かる。元中学校教師の佐藤氏の話で、中学の教育の変化が話題となっていた。このような番組があることがコミュニテイラジオの特徴と言える。

    111416日に幕張メッセで開催したInterBEE・放送機器展へ行きました。4K/8K12月からBS放送開始になり主題ですが、AIとサイバーセキュウリティが各所の展示や講演で多く意外でした。IoT/AIスマートものづくり支援隊講習会に8月から11月初めまで受講し、専門家の業務と忌避していましたが、身近な容易に安価に取り組めるようになったことを知り、勇気とやる気が湧いてきました。現在の日本が後進国に後れを取り始めったのは、中間管理者不在化と経営者の方針明示がなくなった挑戦意識欠如との示唆に同感した次第。

     

    7 会社からの答申

    意見を受け改善すべき点は改善に向けていく。

     

    .審議機関の答申または、意見を公表した場合におけるその公表内容、方法及び年月日
    112回番組審議委員会議事録は、当社ホームページにて12月下旬公表。

     

     

           

    .その他参考となる事項

             なし


    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    calendar

    S M T W T F S
      12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    2728293031  
    << January 2019 >>

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM

    © 株式会社奈良シティエフエムコミュニケーションズ. All Right Reserved.